レッドスムージーAmazonで購入

Amazonで買えるのか実際に調べてみました。

ありませんとのことでした。

まだレッドスムージーはAmazonには売っていないようです。

現段階では公式サイトでの購入が間違いないようです。

公式サイト

 

レッドスムージーAmazonで定期購入は可能か!?

公式サイトでの購入方法は

ラクトクコース

価格:初回980円(税抜) 2回目以降4,890円(税抜) ※送料無料

単品コース

価格:6,480円(税抜) ※送料702円(税込)

2箱セットコース

価格:12,313円(税抜)  ※送料702円(税込)

3箱セットコース

価格:17,496円(税抜)  ※送料702円(税込)

5箱セットコース

価格:27,540円(税抜)  ※送料702円(税込)

 

詳しくは下記で確認可能です!!

ぜいたくレッドスムージー購入コース選び

公式サイトでは様々な購入の仕方を選べるようになっているのですが

レッドスムージーAmazonではまだ未発売ですが定期購入が出来るといいですね。

予想としてはレッドスムージーをAmazonで買う場合は定期購入は難しいと思います。

レッドスムージーだけではなくこのような商品をAmazonで定期購入が出来るものが少ないからです。

解約の手続きなどAmazonを通して行うようになると手間になるからだと思います。

単品の商品としてAmazonでレッドスムージーを購入することは可能になるとは思います。

なのでラクトクコース意外の単品コース、2箱セット、3箱セット、5箱セットが購入可能になるのではないかなと予想しております。

Amazonでの購入方法予想!!

・単品コース
・2箱セット
・3箱セット
・5箱セット

これが予想になります。レッドスムージのAmazonでの定期購入は難しいので公式サイトから購入するのが間違いないのではないのかなと思います。

単品コースなどの値段予想も正直店舗によって変わってくると思うのでまだ数字的な装うは出来ない状態ですね。

また今後Amazonでレッドスムージーの購入が始まることがあれば逐一情報をお送りさせていただきます。

今後は多分各通販サイトでの購入が始まってくるのではないのかなと思っています。

レッドスムージーがAmazonならではのプライスで出てくることを願っています。

 

 

Amazonとは?

ちなみに余談ではありますが誰もが知っているAmazonですが一応Amazonについて調べておきましたのでご紹介させてもらいます。

Amazonとは何か?

Amazon.co.jpとは日本語バージョンであり本拠地は、アメリカのワシントン州にあるシアトルに本社があるWeb通販サイトです。

正式名称は、Amazon.com Inc(アマゾン・ドット・コム・インク)という会社になります。

最初は、「Cadabra.com」との社名だったが、英語で「死体」を意味する「cadaver」と発音が似ていたため、「Amazon.com」と変更したと言われています。

創業者が「A」から始まる社名にしたくて探していたところ、「Amazon」という言葉に魅かれたようです。

Amazonには、「独特な」という意味合いがあるのでベストな名前だと採用を決めたみたいです。

概要

Amazonは元々、インターネットで本を売るという斬新なビジネス展開を最初に始めた会社とされています。

創業者のジェフ・ベゾスは、

「地球上でもっともお客様を大切にする企業であること」

「常にお客様からスタートして、お客様の立場でいろんなことを考える」

「地球上で求められるありとあらゆるものを探し求め、発見し、購入できる場を提供したい」

3つのミッション・ステートメントを掲げました。

この世の中でお客様が一番大切な存在だというビジョンでビジネス展開をした会社です。

段ボールが大きいことに定評があり、予約をしても出荷準備に取り掛かるまではキャンセルが無料でできます。

クレジットカードを利用したくない人や利用できない人のために、無料のコンビニ払いや「Amazonギフト券」の利用もできるので大変便利。

また自宅に届けたくないものや盗難の恐れを心配される方には、「コンビニ受け取り」サービスがあります。

webサイトは、日本・アメリカ・イギリス・フランス・中国・ドイツ・カナダ・イタリアにそれぞれあります。

商品検索の仕方

一般的な通販サイトと同様、webページの検索窓にキーワードを入力して商品を検索します。カテゴリーを指定していれば、ある程度関連された商品を絞ることが可能。

しかし、曖昧な検索をしてしまうと数が多すぎて正直使い勝手はあまりよくありません。

Googleの検索窓で、「amazon 〇〇〇〇」と検索すれば必ず欲しい商品が出てくるので大変便利です。

サジェスト機能もついているので、性能と価格帯が近い関連商品を自動的に紐づけしてくれるので少しずつ利用していくと使いやすくなります。

お支払い方法

クレジットカード、Amazonギフト券での支払いに制約はありませんが、「Amazon.co.jp以外の出品者」は代引き引き換えをすることができない。

ネットバンキング、ATM、コンビニ、Edyの支払いは、出品者の一部が対応できるので制限があります。

Amazonギフト券

Amazonギフト券やAmazonショッピングカートは、クレジットカードを利用しなくてもAmazonのサイト内で購入できるプリペードカード、商品券です。

Amazonのwebサイトにアカウントサインインして、英数字羅列ギフト番号を入力して登録することができます。(有効期限があるため要注意)

贈呈向けの商品券だと勘違いされる方も多いですが、実際には自分でクレジットまたは現金で購入して自分のアカウントに反映することも可能です。

印刷タイプ、Eメールタイプ、チャージタイプ、配送タイプ、法人向けギフト券と他にもいくつかのタイプ別であります。